studio03

コラム

Column

ダイエット 食事 健康 2022.05.10

糖質制限ダイエット大失敗談

 

今日は筆者がトレーナーとして活動する前、糖質制限に大失敗した経験から学んだこと、今トレーナーとして活動する中で学んだことお伝えしていきたいと思います。

①糖質制限ダイエット失敗談

私がトレーナーになる前、大学生の時「よし!減量していい体になろう!」と思い立ちました。そんな時に目にとまったのが、当時流行っていた「ケトジニックダイエット(糖質制限ダイエット)」でした。当時の私はダイエットに関してなんの知識もなかったので、YouTubeで情報を調べてみました。すると、糖質カットダイエットを解説している動画がありました。その動画をもとに炭水化物を全く食べずに2ヶ月間過ごしました。

その結果、、、体重は大幅に減りました。しかし、体調を崩すことが多くなり、筋肉が減り、痩せ細った体になりました。糖質制限の結果は、私の理想とは違うものでした。そこから、糖質制限ダイエットは「健康的に痩せる」ということとは程遠いと感じました。この経験から私たちがダイエットするために極端な制限することは、体に悪影響を及ぼすと身をもって体験しました。

 

②糖質制限は、なぜ速いスピードで体重が減るのか?

 

糖質制限が早いスピードで体重が落ちる主な理由は「水分量の減少」「筋肉の減少」「脂肪量の減少」の3つです。

まず、「水分量の減少」について解説していきたいと思います。糖質を長期間抜くことで、筋肉や肝臓に蓄えられた、体のエネルギー源であるグリコーゲンが一旦完全に無くなります。グリコーゲン=糖+水分であるため、グリコーゲンが減ることで同時に体の水分量も減っていきます。糖質制限による体水分の減少はこうして行われます。

次に、「筋肉量の減少」について解説していきたいと思います。極端な糖質制限により、糖によるエネルギー供給ができない状態ができます。すると、筋肉に蓄えられたグリコーゲンがエネルギーとして利用されます。その後、筋肉や肝臓からエネルギーとする糖質がなくなると、体のタンパク質の分解が進み、筋肉が分解されていきます。

最後に「脂肪量の減少」について解説していきます。糖質制限を長く続けているとエネルギー源となる糖質が無くなります。そこで人間はどのような反応を起こすのかというと、脂肪を分解し、その後ケトン体と呼ばれる物質をエネルギー源として使用するようになります。そうすることで脂肪量が減少していきます。

この3つの理由から急激な体重減少が起きます。

次の章では、極端な糖質制限によって起こる体への影響について話していきたいと思います。

 

③極端な糖質制限により起こる体への悪影響

前の章で糖質制限により体重が減っていく理由について解説しました。

糖質制限で体重が減る理由を聞いて「糖質制限によって、体重が一気に減るならいいじゃないか?」と思った方は少なくないと思います。しかし、極端な糖質制限を繰り返すことによって、体重が減るだけでなく、ダイエットに悪影響を及ぼす可能性があることが分かっています。

糖質制限による悪影響①ケトン体合成によるケトン臭

糖質制限をすることで体がエネルギーとする糖質がなくなった時、ケトン体という物質をエネルギー源にすることを前の章で話しました。このケトン体、発生するのと同時にケトン臭という独特な臭いを発することがあります。

糖質制限による悪影響②食欲増進ホルモングレリン

糖質制限によって放出される「グレリン」というホルモンがあります。グレリンが体に及ぼす影響として「食欲が増す」という効果があります。この効果は糖質制限をしたことがある方であれば経験したことがあるのではないでしょうか?

糖質制限中でお腹が空いてないのに、やたらと食べたくなったりするのはこのホルモンの仕業です。ダイエット中に食欲が増し、さらに体脂肪率が増えてしまったというのは避けたいものです。

糖質制限による悪影響③インスリン分泌

皆さんは「インスリン」というホルモンをご存知でしょうか?インスリンは糖質に反応します。また、脂肪を合成する時に働く唯一のホルモンと言われています。あまり意識されていませんが、ダイエットにおいてインスリンをコントロールすることはとても重要です。糖質制限を行っている最中は、インスリンが糖に反応しやすい状態になっています。糖質制限が終わった後、糖質の多い食事をするとインスリンが糖へ過剰反応し一気に脂肪が合成される。そしてリバウンドするということに、、、それだけは避けたいものです。

糖質制限による悪影響④認知症になりやすくなる

これはまだ研究の段階ですが、糖質制限を繰り返すことにより認知症になる可能性があるということが報告されています。それだけ慢性的な糖質不足は脳へのダメージが大きいということが分かります。

糖質制限による悪影響⑤ストレス

私たちが生きていく上で糖質は切っても切り離せない存在です。主食である米、おいしいもの、お菓子、、、糖質というものはどこに行ってもついてくる存在です。糖質制限をすることはそれらを切り離すということになります。ダイエットを始めた方が続けるためには非常に厳しい選択となります。その結果ストレスが溜まって暴飲暴食をするというのは辛いです。ストレスはダイエットの大敵です。

④まとめ

ダイエットを行う上では極端な糖質制限は必要ないです。もしも、どうしても期日が決まった日にここまで体重を落とさなければいけないという場合は必ず専門家に食事管理してもらい、自分の体調やストレス具合を相談しながら行っていきましょう。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

studio03では

『どんな運動しても続かなかったけど03では続けれた!』

『運動が嫌いだったけど楽しくなった!』

という方をたくさんつくっていきます(^^♪

 

ダイエット・ボディメイク・姿勢改善・肩こり腰痛改善

 

姪浜studio パーソナルトレーニング/スタジオレッスン

藤崎studio パーソナルトレーニング/スタジオレッスン

六本松studio パーソナルトレーニング ★女性専用

薬院studio パーソナルトレーニング

 

♥体験トレーニング・レッスン受付中♥

 

今なら

パーソナルトレーニング体験 5,500円→1,000円!

 

 

studio03公式ホームページへ