studio03

コラム

Column

ダイエット 食事 健康 2022.09.10

ふと「甘み」を欲する瞬間の救世主

減量期間中、ふと「甘み」を欲する瞬間はあります。そのようなときの救世主は、やはり果物。

今回は朝食、そして間食におすすめの食材についてご紹介します。

 

グレープフルーツは減量期の救世主

果物といえば「果物の果糖は太る」ということを耳にしたことがあると思います。

「果糖で太る」説は、いってみれば「炭水化物で太る」説とほぼ同じ。入り口は勘違い、結果はトータルバランスが崩れてしまっただけです。

私自身、果物はよく食べています。特に柑橘系が好きで、主力はグレープフルーツ

朝、炭水化物の一環としてグレープフルーツを食べるのですが、その瑞々しさと甘さからかなり満たされた気持ちになります。

数あるフルーツの中からグレープフルーツを選ぶのは、ビタミン摂取のほかに、交感神経の活動を高めて脂肪燃焼を促進し、カラダを太りにくい状態に導いてくれる効果があるからです。

また、口に入れたときに感じる苦み成分とフレッシュな香りには食欲抑制効果があるともいわれています。

グレープフルーツを用いた実験はいくつかあるのですが、そのなかに通常の食事にプラスしてグレープフルーツを食べたグループは、食べなかったグループよりも平均して1~2キログラム痩せたというものがありました。

通常の食事にプラスオンしてカロリーをのせているというのに、体重が落ちるという結果が出ているのです。

もちろん、その効果に頼りたくて食べているわけではありません。

純粋に甘さ、おいしさ、そして幸福感を求めて食べているだけなのですが、確実に除脂肪を進めていくそのほかの食事効果にグレープフルーツの効果ものってくるのなら、ウェルカムです。

 

 

甘味は「無糖の脂肪ゼロギリシャヨーグルト×グレープフルーツ」が鉄板

果物のなかで食べる次点は、パイナップルです。

最近では、コンビニでカットフルーツとして売られているので比較的、手に入りやすいです。

酸味が特徴ではありますが、意識して食べてみると結構、甘みも強いです。

なので、自分のなかではもはやエンタメ食的なポジションにおかれています。

エンタメといえば……。間食として脂肪ゼロの無糖のギリシャヨーグルトを食べることがおすすめです。

通常のヨーグルトと比べて、含まれるタンパク質が2倍以上。1個で10グラム以上摂取でき、完璧です。

そのヨーグルトに、パイナップルを混ぜ入れるだけで、どのようなスイーツをも凌駕する究極の1品が完成します。

何が究極なのかというと、おいしさだけではなく、両者を合わせた時点で、ヨーグルトのタンパク質をパイナップルに含まれる酵素が分解しはじめるからです。

口に入れる前から消化が始まっている食べ物って、いったい何だ!?という高揚感も含めてエンタメ感が強いメニューです。

通常はグレープフルーツをのせて、時々パイナップルという選択肢をとっています。

 

 

野菜と果物以外の甘味なら和菓子を選ぶべし

男女を問わず「甘いもの」が好きな人は、多くいます。

また、自分では買わないけれど職場などでお菓子をいただく、という人も多いです。

聞くところによると「特に、大型連休明けと年始の時期は危険。デスクの端が、お菓子で埋まる」こともあるそうですね。

ボディメイクをする以上、甘いものは控えるに越したことはありません。

しかし、我慢ばかりではストレスが溜まりますし、いただきものを無下に断るのもはばかられます。

そういったとき、どうしたらいいですか?と聞かれることもあるのですが、判断基準としてお伝えしているのは「和菓子なら食べてもOK」です。

たとえば、団子。団子はもち米からできていますから、米を食べているのと同じです。

そこにあんこがついてくれば、砂糖と少量の塩は入りますが小豆の栄養価がプラスされますし、ずんだ餡なら枝豆(大豆)です。

大量ではありませんが、豆類がもつ食物繊維およびタンパク質が加わります。いずれも、脂質はほとんど含まれません

 

 

食欲が爆発してしまうのは「選んだ我慢」が合わないだけ

特に秋・冬で甘味を欲するときによく食べるのは、サツマイモです。

オーブントースターに転がして焼き芋を作ると、とにかく甘くて、おいしすぎる。なのに、カラダへの負担は少なくて、それどころか食物繊維もバッチリ摂れる。これも最高のスイーツです。

朝食に炭水化物として食べることが多かったのですが、ちょうどよく冷えた焼き芋は、もはやスイートポテトです。

焼く以外には蒸してもいいし、干し芋を購入してもいい。持ち歩きもしやすいので、出先での炭水化物補給にもちょうどいい。

炭水化物の補給にこのようなエンタメ食をプラスしていくと、爆発的な過食を防ぐことにもつながります

1日のなかでも、長期にわたっても、食べたい欲を無理に抑え続けると、「爆発」を起こして過食に走ってしまいます

「瘦せたいなら、多少の我慢は必要」というような言葉を、正面から信じ込んでしまうと、無理をしがちです。

それよりも「必要なのは、定期的なガス抜き」と覚えておくといいでしょう。

行き着くところは選んだ取り組みが自分に合っていれば、そこに我慢は生まれないということ。

続かないのは、その方法があっていないからです。

 

 

まとめ

今回は朝食、そして間食におすすめの食材についてご紹介しました。

さまざまな食材をご紹介しましたが、自分に合う「道」を見出す「きっかけ」になれば幸いです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

studio03では

『どんな運動しても続かなかったけど03では続けれた!』

『運動が嫌いだったけど楽しくなった!』

という方をたくさんつくっていきます(^^♪

 

ダイエット・ボディメイク・姿勢改善・肩こり腰痛改善

 

【studio03】 パーソナルトレーニング・グループトレーニング・ヨガ・ピラティス

□店舗一覧

・姪浜店 パーソナルジム/グループトレーニング・ヨガスタジオ

福岡市西区内浜1-7-2 ウェストコート姪浜内 西部スポーツガーデン1F

 

・藤崎店 パーソナルジム/グループトレーニング・ヨガスタジオ

福岡市早良区百道1-4-15 工藤ビル3F

 

・六本松店 パーソナルジム ★女性専用

福岡市中央区 梅光園1-2-7 高橋ビル202

 

・薬院店 パーソナルジム

福岡市中央区 薬院3-1-20 EAGLE‐8 7F

 

♥体験トレーニング・レッスン受付中♥

 

今なら

パーソナルトレーニング体験 5,500円→1,000円!

 

studio03公式ホームページへ